Apr22th

緑色レーザーポインターと赤色レーザーポインターとブルーレーザーポインター比较

Top / 緑色レーザーポインターと赤色レーザーポインターとブルーレーザーポインター比较

緑色レーザーポインターと赤色レレーザーポインターブルーレレーザーポインター较:

次に普及しているのが緑色レーザー 激安です。緑色レーザーも近年普及が進み、以前ほど高価ではなくなりました。しかし、赤色レーザーよりは価格が高いようです。一般的に、赤色レーザーは人間の目からの認識に劣り、緑色レーザーは赤色レーザーの約8倍明るく見えると言われています。8倍と言われてもピンと来ないか知れませんが、例えば同じのものを比べてみると、その差は歴然です。http://www.wholesalejp.com/c-2/p-1578.html

50mw 532nmグリーンレーザーポインター 緑レーザーポインター

300mW赤色レーザーポインター

http://www.wholesalejp.com/images/l/HQ07000301.jpg
次に、まだまだ珍しい青い光を放つ青色レーザーポインターですが、ブルーレーザーはまだとても高価です。当サイトの価格をご覧いただければわかるとおり、かなりの高価格帯に位置しています。しかし、それでも科学の分野など、さまざまなシチュエーションで必要不可欠なレーザーとなりつつあるようです。また、光線を楽しむだけでも、十分魅了的なレーザーのひとつです。青い光線なんてそうそう見ることができませんからね。
http://ameblo.jp/nomimono1/entry-11973535731.html
ブルーレーザーの光はとてもきれいですが、緑色レーザーとは違い、同じ出力でも暗めに見えてしまうので、はっきりとしたブルーレーザーを楽しみたい場合は、やはり高出力のブルーレーザーを購入するほうがいいでしょう。早くもっとお手ごろな価格になるといいですね。

それはですね、緑色のレーザーというは出力の消耗が半端かくて、温度が非常に高くてレーザー結晶の安定性に影響を与えます。ひどいときに半導体レーザーを燃やすこともあります。品質のいいグリーンレーザーポインターモジュールは保護回路を内蔵し、温度が非常に高い場合自動的に電源を切られ、半導体レーザーを保ちます。その一方、品質の悪いレーザーダイオード モジュールはそういう構造を持っていません。半導体レーザーを壊すことはよくあります。常温に戻ったら再作動します。

赤色レーザーポインターの出力消耗は緑色の十分の一で、発熱量はグリーンレーザーポインターよりずっと低いので、長く使用してもいったん休憩させるひつようはありません。出力の高いレーザーポインターを連続で使用してスイッチをoffにさせといたほうがいいと思います。